外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は9日、近畿地方から北日本の太平洋側を中心に、10日にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や、河川のはんらんに警戒するよう呼び掛けた。三重県尾鷲市や沖縄県の慶良間諸島では、9日夕までに300ミリを上回る雨が降った。気象庁によると、前線を伴った低気圧が九州の南海上から東北東に進んでおり、局地的に1時間に60ミリを超える非常に激しい雨の降る恐れがある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信