外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は17日、西日本と東日本の太平洋側で大気の状態が非常に不安定になり局地的に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や落雷、竜巻などの激しい突風に注意するよう呼び掛けた。午前中は九州を中心に雨脚が強まり、宮崎県日向市で1時間に66・0ミリの非常に激しい雨を観測した。気象庁によると、本州の南海上に停滞している前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になる見込み。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信