ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

太平洋側は大雨に注意

 気象庁は11日、台風3号からの暖かく湿った空気が流れ込むため、近畿や東日本の太平洋側を中心に12日にかけて激しい雨が降る恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。強風や高波にも注意が必要だ。台風は11日、日本の南海上を北上した。気象庁によると、今後は東寄りに進路を変え、東海沖に向かう見込み。速度が遅くなるため雨が長く続く恐れがある。13日以降、熱帯低気圧に変わる見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。