外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パイエルヌ(スイス西部)共同】スイスの団体が開発した燃料を使わずに太陽光だけで飛ぶ航空機「HB―SIA」が8日、世界初の本格的な夜間有人飛行に成功し、約26時間の連続飛行の末、パイエルヌ空軍基地に着陸した。炭素繊維で作られ、両翼が63mと中型旅客機並みに長い半面、重さは1600キロと中型乗用車程度の超軽量が特徴。翼に張り巡らされた約1万2千枚のソーラーパネルで発電。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信