外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 幼い子どもがいる夫の育児、家事への参加頻度が高まっていることが、ベネッセ次世代育成研究所(東京)の調査で分かった。研究所は「『イクメン』ブームや共働き家庭の増加が理由」と分析。調査は妊娠期から2歳までの第1子がいる夫婦を対象に実施。06年の前回調査と比較した。夫の育児参加は、週3回以上参加が47%と15ポイント増え、家事を手伝うことも「週に最低1回は参加する」が59%に増えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信