外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 3人が死亡した鹿児島県奄美地方の豪雨で、県などは22日、通行止めとなっている道路の土砂の撤去作業などを順次進め、復旧を急いだ。なお2千人以上の住民が集落などで孤立しているといい、県が詳しい状況確認を進める。県によると、奄美大島南部にある瀬戸内町の嘉徳集落では、住民約40人の無事が確認されているものの、人の行き来もできない状態で、必要な支援物資の輸送も困難という。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信