外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 岩手県陸前高田市の景勝地、高田松原で津波に流されずに唯一残った「奇跡の一本松」は海水の影響で根が腐り、回復が困難になっていることが9日、分かった。観察を続けている財団法人「日本緑化センター」(東京都)が週明けに「生育困難」との判断を市に報告する。約7万本の中で津波に耐えて1本だけ残り、震災復興のシンボルとなっていた。一本松の樹齢は260年以上で高さ約30メートル、直径約80センチ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信