外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 奈良県大和郡山市で03年、警察官が逃走車両に発砲、助手席の男性が死亡した事件の裁判員裁判の判決で、奈良地裁は28日、殺人などの罪に問われた県警の巡査部長東芳弘被告(35)と警部補萩原基文被告(35)に無罪(それぞれ求刑懲役6年)を言い渡した。検察が不起訴とした事件を、付審判決定を経て裁判員が審理した初の裁判。警察官の発砲を殺人罪で審理した例も過去になく、殺意の有無と発砲の正当性が争点だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信