外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 邪馬台国の女王卑弥呼の墓説もあり、一般の関心も高い奈良県桜井市の箸墓古墳(3世紀)で、日本考古学協会など15の考古・歴史学系の研究者団体が20日、立ち入り調査を実施した。終了後、日本考古学協会の森岡秀人理事は「墳丘の形状もよく分かったし、葺石も見ることができた。被葬者問題にかかわる築造年代の研究にも役立つかもしれない」と話した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信