外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 下校途中の女児(9)の顔や首を刃物で切り付け重傷を負わせたとして殺人未遂罪に問われた山田昌宏被告(24)の裁判員裁判で、山口地裁は15日、求刑を1年上回る懲役16年の判決を言い渡した。判決理由で長倉哲夫裁判長は、計画性や被告の完全責任能力を認め「残虐なわいせつ行為をしたいという動機や結果の重大性に照らせば、検察の求刑はやや軽い」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信