外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島県府中町の小5女児暴行死事件で、傷害致死容疑で逮捕された無職堀内亜里容疑者(28)が、「やりすぎた」と供述していることが3日、県警などへの取材で分かった。県子ども家庭課が2009年2月に虐待通告を受け事情を聴いた際、堀内容疑者と祖母が「体罰は必要だ」と、しつけのための暴力肯定の考えを示していたことも分かった。長女(11)は頭を骨折などしていた。堀内容疑者は繰り返しゴルフクラブで殴打か。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信