外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪市で1995年に起きた小6女児焼死を巡る再審で、大阪地裁(西野吾一裁判長)は10日、殺人罪などで無期懲役が確定していた母親青木恵子さん(52)と元同居相手の朴龍晧さん(50)に「捜査段階の自白に証拠能力は認められず、自然発火だった可能性がある」として無罪判決を言い渡した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信