外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本女子オープン選手権最終日は2日、愛知県名古屋GC和合(パー70)で行われ、首位で出た28歳の馬場ゆかりが76とスコアを落としながら、通算12オーバーの292で国内四大大会初制覇を果たした。3年ぶりのツアー3勝目で、優勝賞金2800万円を獲得した。1打差の2位は笠りつ子とアン・ソンジュ(韓国)。さらに1打差の4位は大谷奈千代と李知姫(韓国)だった。宮里藍は通算15オーバーの6位。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信