外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京女子医大病院で昨年2月、男児=当時(2)=が死亡した医療事故で「鎮静剤の副作用が直接の死因」とした第三者調査委員会の報告書の全容が10日、明らかになった。主治医が指示した手術後の輸液(水分)が過量だったため、気道のむくみが長引いて鎮静剤の長期投与に影響した可能性を指摘。早期にむくみが引き、人工呼吸器を抜管していれば「副作用の発生はなかったと推測される」とした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信