外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 バドミントンの世界連盟スーパーシリーズ、ヨネックス・オープン・ジャパン最終日は22日、東京体育館で各種目の決勝が行われ、女子シングルスで福井・勝山高1年の16歳、山口茜が打田しづか(日本ユニシス)を2―0(21―15、21―19)で下し、第32回を迎えた今大会で全種目を通じて日本勢初の優勝を果たした。2007年に始まった五輪、世界選手権に次ぐ格付けのスーパーシリーズで女子シングルス制覇は2人目。

共同通信