外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第30回全国都道府県対抗女子駅伝は15日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間42・195キロで行われ、大阪が2時間16分37秒で圧勝し、19年ぶり2度目の優勝を果たした。2連覇を狙った京都は2位、3位は千葉。大阪はエース、木崎良子(ダイハツ)が1区で区間賞を獲得し勢いに乗った。3区からはトップを譲ることなく、1993年世界選手権女子マラソン優勝の浅利純子を擁した第11回大会以来の栄冠となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信