外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大化の改新で知られる中大兄皇子の母斉明天皇(594~661年)の墓との説がある国史跡・牽牛子塚古墳(奈良県明日香村)が、7世紀中ごろから8世紀初めの天皇家に特有な八角形の古墳と分かり、村教育委員会が9日、発表。研究者は日本書紀の記述に照らし、斉明天皇と娘の間人皇女の合葬墓との見方でほぼ一致、事実上、特定された。墳丘を八角形に取り囲む珍しい石敷きが見つかり、八角形墳と判明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信