外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大震災の被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の女性を対象に内閣府が実施した悩み相談の件数が、2012年度は5573件に上ることが15日、分かった。不安や孤独感を訴える声が多く、癒えない傷を抱える被災地の女性の実情が浮き彫りになった。内閣府は震災から時間が経過しているのに減少していないとした上で「仮設住宅や避難先での生活が続き不安やストレスが高まっている」と分析している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信