外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省が4日発表した2012年度雇用均等基本調査によると、女性の育児休業取得率は前年度に比べ4・2ポイント低下し、83・6%だった。大震災後の雇用環境の悪化で仕事を失うことを恐れ、小規模事業所や有期雇用の労働者を中心に、育休取得を控える母親が増えたのが原因だ。育休取得者がいる事業所の割合も5・3ポイント減の84・8%。産業別に見ると、最も高かったのは情報通信業の95・2%だった。

共同通信