外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 藤村修官房長官は6日の記者会見で、女性皇族が結婚後も皇室にとどまって皇族の身分を維持できる「女性宮家」創設の是非について、2月から有識者へのヒアリングを始めると発表した。結果を受け、内閣官房が皇室典範改正の素案を取りまとめる方針だ。ヒアリングは月に1、2回実施する予定。皇室制度などの専門家のほか、財界、労働界からも意見を聞くとしている。皇位継承問題とは切り離し、女性宮家問題に絞って検討する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信