外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明、民進3党は30日、天皇陛下の退位を実現する特例法案に伴う付帯決議案で合意した。衆院議院運営委員会の佐藤勉委員長(自民党)が29日に各党派に示した案を民進党が受け入れた。政府に検討を求める項目として「女性宮家」創設を明記したが、検討開始は「法施行後速やかに」と記述するにとどめ、国会報告期限も明示しなかった。特例法案は6月1日に同委で審議入りし、2日に衆院を通過する見通し。与党は来週に参院で成立させる考えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信