外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 有識者による政府の作業部会「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授)は28日の会合で「結婚・妊娠・出産」への支援を盛り込んだ提言をまとめた。妊娠、出産の知識を広めるため検討していた「女性手帳」(仮称)は名称や形式を変更し、男女を問わず「紙媒体」やネットなどで健康管理情報を提供していくべきだと提案した。「国が人生の選択に口を挟むべきではない」との批判を受け、転換した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信