外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県議会は26日、臨時会を開き、元米海兵隊員の軍属が逮捕された女性遺棄事件に抗議する決議と意見書を賛成多数で可決した。在沖縄米海兵隊の撤退や米軍普天間飛行場(宜野湾市)の県内移設断念、在日米軍の法的な地位を定めた日米地位協定の抜本的見直しといった要求を盛り込んだ。共産、社民両党を中心とする県政与党会派などが提出。中立派の公明党が賛成する一方、県政野党の自民党は採決時に退席した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信