外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪港で今月3日、強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」の女王アリが見つかった問題で、女王アリが発見の約1カ月前となる6月初旬には既に日本に侵入していたとみられることが12日、環境省の依頼を受けた専門家の分析で分かった。

共同通信