外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚労省は11日、新型インフルエンザの国産ワクチンの接種回数について、これまで「当面2回」としていた「妊婦」「1歳未満の乳児の保護者ら」「基礎疾患(持病)のある人」「65歳以上の高齢者」を1回とすることを決定した。これらのグループが1回になることで、ワクチンを節約して、全体の接種スケジュールを前倒しできる可能性が出てきた。長妻厚労相は「速やかに自治体に説明したい」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信