外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2回の接種が必要とされていた新型インフルエンザの国産ワクチンが、1回でも効果を期待できるとの臨床研究結果を受け、厚生労働省は19日夜、足立信也政務官も出席して専門家と接種回数についての意見交換会を開いたが、妊婦や基礎疾患(持病)のある人については慎重意見が相次ぎ、引き続き検討することになった。一方、医療従事者については1回接種で良いとの方向性を確認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信