外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 頬や体が赤くなり、風邪のような症状が出ることもある伝染性紅斑(リンゴ病)に妊娠中にかかり、胎児に感染した女性が2011年に69人確認され、うち約7割の49人が流産、死産していたことが厚生労働省研究班の全国調査で5日、分かった。妊婦を対象に実施した初の大規模調査。妊婦が育児中の子どもから感染が多いとみられ、研究班は、風邪の症状の人に近づかず、定期健診を受けるよう呼び掛けている。

共同通信