外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 性同一性障害のため戸籍の性別を女性から変更した夫(30)と妻(30)=大阪府東大阪市=が、第三者からの精子提供で妻が出産した男児(2)の戸籍について父親欄を空白にされたのは差別だと訴え、訂正を求めた審判で、東京家裁は2日までに、「憲法が禁じる差別に当たらない」と申し立てを却下した。10月31日付。法務省によると、性同一性障害で性別を変更した夫と妻の子の戸籍に関する司法判断は初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信