外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 消費税増税により2014年度に社会保障の新たな充実のために確保される5千億円について、厚生労働省と内閣府が検討している使い道の全容が1日判明した。6割の3千億円程度を子育て支援に充てて若い世代にアピールすると同時に、難病対策や低所得者の保険料軽減にもそれぞれ数百億円規模を重点配分し、増税時の痛みを和らげるよう配慮する狙いだ。

共同通信