外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災後、岩手、宮城、福島各県の家庭裁判所に申し立てられた、震災を原因とする「未成年後見人」が計200件に上ることが5日、各家裁への取材で分かった。3県の18歳未満の震災孤児は計240人。未成年後見人が付く20歳未満の孤児数は不明だが、多くに法定代理人として財産管理などを行う後見人が申請されている実態が浮かんだ。厚生労働省によると、震災孤児は、ほとんどが親族に引き取られている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信