ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

学校の事故死、大幅減

 学校で起きた事故などで子どもが死亡し、災害共済の見舞金が支払われた件数は2011年度に82件となり、284件だった30年前に比べ約3分の1に減ったことが23日、日本スポーツ振興センターの集計で分かった。少子化による子どもの減少を考慮しても減り方が大きく、センターは「健康診断で心臓疾患などの発見が進み、運動中の突然死が減ったことが影響した」とみている。センターによると、死因別では突然死が38件で最多。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。