ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

学校の防災施設、整備に地域差

 東京では98%の学校が水や食料を保管する倉庫を備えているのに、鹿児島では1%止まり。停電時の自家発電設備があるのは神奈川の78%に対し、愛媛、宮崎、沖縄は1%―。緊急時の避難所に指定されている全国の公立小中高など約3万2千校を文部科学省が調査したところ、都道府県によって防災施設の整備状況に大きな差があることが16日分かった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。