外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】パキスタン北西部ペシャワルで武装グループが学校を襲撃、生徒ら140人以上が殺害された事件で、軍報道官は16日夜、犯行グループの一部が、同国内では通常使われないアラビア語で会話していたことを明らかにした。国際テロ組織アルカイダなどの外国人戦闘員も関与していた可能性がある。

共同通信