外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日中、保護者が家庭にいない小学生を放課後や夏休みなどに預かる学童保育で、今年3月下旬から7月上旬までの約3カ月半の間に、少なくとも14県で23人の児童が大けがを負っていたことが21日、厚生労働省のまとめで分かった。「遊具のけが」が11人で最も多く、玄関などでの「転倒」が7人、「車との接触事故」も2人いた。負傷の内訳は骨折が21人、ねんざが1人、1人が歯を折った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信