外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は4日、共働き家庭やひとり親家庭の小学生を、放課後に校内や児童館などで預かる「放課後児童クラブ」(学童保育)が、今年5月1日時点で2万1482カ所になったと発表した。前年と比べ397カ所増えて過去最高だったが、申し込んでも利用できない「待機児童」も1168人増えて、8689人に上った。施設が増えると新たなニーズを生み出す状況のため、待機児童の完全解消は難しそうだ。

共同通信