外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 下村博文文部科学相は20日、小中高校で学ぶ内容や授業時間数を定めている学習指導要領の全面改定を中教審に諮問した。英語教育を充実させるため小学校で教科にするほか、高校では日本史を必修化するなど大幅な改定となる。中教審は2016年度中に改定内容を答申する方針。新指導要領の全面実施は小学校が20年度、中学校は21年度、高校は22年度以降になる予定だ。

共同通信