外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 住友生命保険(大阪市)の学資保険をめぐり、保険料の払込総額(元本)より受取額が少なくなったとして、大阪市の契約者が元本割れ額の返還を求める訴訟を起こし、大阪高裁で和解が成立していたことが28日分かった。会社側が返還する。契約者は「外交員の説明が不十分だった」と訴えていた。

共同通信