外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】1911年の辛亥革命により成立した中華民国で権力を握った袁世凱と対立、日本に亡命した孫文が16年、袁打倒のために飛行隊(空軍)創設を目指し、滋賀県内に「中華革命党八日市飛行学校」を設立した際の孫文側と教官との間の契約書が、台北の国民党党史館に所蔵されていることが分かり、13日までに共同通信に公開された。飛行学校の学生は10人で、教授料は1人千円といった条件などを記している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信