外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宇宙誕生の大爆発ビッグバンから数億年後に生まれた最初の星は、10万年かけて太陽の約40倍の重さに成長したことを、京都大や東京大の研究チームが計算で突き止め、11日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。チームは、最初の星がどのように生まれ進化したかを、コンピューターの中で再現。直接観測が難しい初期宇宙の成り立ちに迫る成果という。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信