外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 137億年前のビッグバンの大爆発によって、宇宙が目に見えないほど小さな点から誕生する様子をスーパーコンピューターの計算で再現することに、高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)や静岡大などの研究チームが21日までに成功した。年明けに米物理学会誌に発表する。チームは“究極の理論”とも呼ばれ、物質を構成する最小単位の素粒子が粒ではなく、ひも状と考える「超ひも理論」に基づいて計算した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信