外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国立天文台と京都大の研究チームが、宇宙のブラックホールから高速で噴き出すガスの流れ(ジェット)を、コンピューターシミュレーションで再現することに成功し、25日発行の専門誌に発表した。ブラックホールのジェットは観測で確認されていたが、詳しいメカニズムは不明だった。国立天文台の大須賀健助教は「今後、ジェットが周辺の星や銀河の進化に与える影響を調べたい」としている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信