外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛装備品の納入をめぐる汚職事件で、収賄と議院証言法違反(偽証)の罪に問われた元防衛事務次官守屋武昌被告(65)の控訴審判決で、東京高裁は22日、懲役2年6月、追徴金約1250万円の実刑とした一審判決を支持、被告の控訴を棄却した。弁護側は即日上告した。弁護側は収賄罪を認めた上で「便宜を供与したことはない」と執行猶予を求め、偽証罪については無罪を主張していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信