外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 稲田朋美防衛相は24日午前の記者会見で、安全保障関連法施行に伴い拡大した自衛隊活動のほぼ全ての新任務を巡り、同日以降、訓練に着手すると表明した。国内訓練や米国などとの共同訓練が順次始まり、運用段階へ本格的に移行する。戦後長く認めてこなかった集団的自衛権行使にも対応。南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に新たに派遣する陸上自衛隊部隊には今月25日から訓練を開始し、新任務の「駆け付け警護」などの実動訓練は9月中旬以降を想定する。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信