外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案は、16日午後の衆院本会議で自民、公明両党などの賛成により可決され、衆院を通過した。民主党など主な野党は質疑打ち切りに抗議して採決前に議場を退出した。15日の衆院平和安全法制特別委員会に続き、与党が採決を強行した。安倍首相が目指す今国会中の成立をめぐる与野党攻防の舞台は参院に移る。

共同通信