外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府、与党は1日、維新の党などと協議中の安全保障関連法案の修正を見送り、原案通り採決する方針を固めた。ただ野党の主張の一部を付帯決議に反映させ、採決への協力を求めたい考えだ。自民党幹部が明らかにした。与党は衆院で再可決して成立させる「60日ルール」を適用できる前の11日にも参院平和安全法制特別委員会で採決に踏み切る構えだが、14日以降にずれ込む可能性もある。

共同通信