外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院平和安全法制特別委員会は6日午後、那覇市のホテルで安全保障関連法案をめぐり参考人質疑を実施した。野党が推薦した沖縄県名護市の稲嶺進市長は、法案について「国民に不安をもたらし国の在り方まで変えてしまいかねない、危険極まりないものだ。憲法9条に反している」と述べ、反対の立場を表明した。ほかの有識者2人が法案に賛成、1人が反対し、賛否が分かれた。野党推薦の大田昌秀元同県知事は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設中止を訴えた。

共同通信