外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保理の6月の議長国メキシコのヘラー国連大使は30日の非公式協議で、韓国哨戒艦沈没事件への対応について「安保理は(北朝鮮による)攻撃を非難することができる」と述べ、北朝鮮を非難する決議などを早急に採択するよう安保理メンバー国に促した。中国が非難メッセージに慎重姿勢を崩していないが、議長所見は、安保理の議論に影響を与えそう。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信