外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク、ハーグ共同】国連安全保障理事会は27日夜(日本時間28日午前)、シリアの化学兵器全廃を義務付ける決議案を全会一致で採択した。化学兵器禁止機関(OPCW、オランダ)もこれに先立ち、来年半ばまでの化学兵器全廃を柱にした廃棄計画を決定した。安保理決議は廃棄計画に強制力を与える。10月1日までに査察が始まり、30日以内に最初の査察が完了する。

共同通信