外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は7日、北朝鮮による6日の弾道ミサイル発射が過去の安保理制裁決議の「重大な違反」に当たるとして強く非難し、北朝鮮に核・ミサイル開発の自制を求める報道声明を発表した。日米韓3カ国は北朝鮮に対する国際的な圧力強化につなげたい考え。北朝鮮の反発も予想される。

共同通信