外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は27日、反体制デモの弾圧で死者が増え続けるシリア情勢について非公開の会合を開き、モロッコと欧米理事国が作成した新たな対シリア決議案について協議した。アサド政権を非難するとともにアラブ連盟によるアサド大統領退陣要求を支持する内容。シリアと関係が深いロシアは賛成できないとした。共同通信が入手した決議案は直接的文言を避けながら、実質的にアサド氏に退陣求める内容。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信